不倫の匂い          10月6日

つい、先日のことです。
久しぶりに来道した、と、ある男性から食事の誘いがあり、私は車を置いて出掛けて行きました。
札幌ビール園で食事をしたあと、彼の宿泊しているセンチュリーロイヤルホテルに向かいました。
10月だというのに、夜になってもまだ汗ばむのは、酔いが回っているせいだけではないでしょう。 ご覧のように、部屋はなぜかツインルーム。
聞くと、シングルで申し込んでいたのに到着すると、空きがないとのことでツインを用意されていたと言うのです。 もちろん、宿泊料はシングル料金なんだそうです。
「私、ここに泊まるわ」 「そうしなさい」  すぐに決定です。 
d0067794_3554430.jpg

たわいのない話をしながら眠りに就きました。
姉妹であれば、大人になっても一緒に旅行をして、同じ部屋に泊まることもあるでしょう。
でも、それが兄や弟となれば、二人だけで泊まるということは・・・考えてみると私の場合、一度もなかったように思います。
今回、出張で泊まったホテルが、たまたまツインだったため、思いがけなく2歳上の兄と同室で寝ることになったのです。
私たち、夫婦に見えたかしら、それとも不倫の匂いがしたでしょうか。

翌日、二人でY町に向かい、母の見舞い、そして墓参を済ませ、兄は東京へ帰って行きました。
羽田空港に迎えに来ていた義姉たちにも、ちょっとしたハプニングがあったそうです。

到着を待ちながら空港のレストランで食事をしていると、隣の席に座っていた男性2人が、さかんにY町の名前を口にするので、「Y町に帰るのですか。こっちはY町から帰ってくる人を迎えに来ているのです」と、言葉を掛けたそうです。
しまいには、その2人は、実家のすぐ近くに住む、よ~く知っている男性と分かり、思いがけない場所で盛り上がったと、義姉から電話がありました。
[PR]
by tazu0617 | 2010-10-06 07:35 | 現在---今日の出来事
<< 熊出没!!       10月19日 文化祭御礼        10月3日 >>