姉妹の契り          10月27日

朗読仲間のI さんは、小樽市が市民に貸し出している農園で、自家菜園を楽しんでいます。
朗読の打ち合わせの日に、農作業を途中で止めて駆け付けるということもありました。
先日、その農園の閉園式がありました。 家族なら出席できるとのことだったので、私は
I さんの妹に成りすましました。
甘酒が振る舞われました。 これが義姉妹の契りのお酒となりました。
姉のいない私は、ちょっとふざけて「お姉ちゃん!」と呼んでみました。

野菜や果樹栽培の盛んな町で育ったのですが、サラリーマン家庭だったため、農作業をしたことはありませんでした。
このたびの閉園式では、参加者が畑のかぼちゃをとることができると聞いて、かぼちゃ好きの私は心が動いたのです。

d0067794_2324692.jpgこのイベントのために、全部は収穫しないで、残してあるようです。
50人ほどの参加者が横一列に並び、合図で一斉にかぼちゃを探して取ります。
負けじと頑張って、たくさんゲットしました。     ( → 

得意気に友人にもあげましたが、それでもまだたくさんあります。
茹でて裏ごしし、ペースト状にしたものを小分けして冷凍。 来年の秋までスープやサラダや団子にして、食べ続けます。

だが、しかし・・・。
冷凍庫の中には、先日作ったものも保存してあり、もう隙間がない状態なのです。
すっかり、かぼちゃに占領されてしまった我が家の冷凍庫、あぁ、どうしよう・・・。
d0067794_237437.jpg

[PR]
by tazu0617 | 2010-10-27 23:16 | 現在---今日の出来事
<< いいもの見~つけた!     ... 熊出没!!       10月19日 >>