つる子先生             2月26日

まだ適齢期という言葉が存在していた昭和50年代の初め、まさにその適齢期に私は結婚しました。
仕事は辞め、再就職するまでの半年間だけが、唯一私の専業主婦としての生活でした。

まず、その期間に何を始めたかというと、自動車学校通いでした。d0067794_2113579.jpg
当時はまだマニュアル車しかありません。 
車庫入れ・縦列駐車が苦手で、何度も仮免に挑戦しました。 (つまり、落ちたということです。 回数は秘密)
今は、他の車が諦めてしまうようなスペースでも、縦列で駐車しちゃいます。
いいえ、なんてことはない、私の車が小さいからできる技なのですよ。

それから、「レディースマージャン教室開講」という新聞チラシに心が動き、さっそく受講。
先生の名前は〇〇つる子さん。 d0067794_273565.jpgなんと私のブログ上の名前と同じでした。
失業保険をもらいながら、昼間からマージャンという優雅な(?)時間を過ごしていました。
やっと覚え、面白くなってきたところでしたが、仕事に就いたため通えなくなりました。
もし、ずっと続けていたなら・・・? 立派な雀師になっていたかもしれません。 (笑)

つる子先生は、けっして美人ではなく、逞しく生きてきた証がお顔に滲み出ていました。
マニキュアなど絶対に似合わないような節くれだった太い指、タバコのせいか、かすれた低い声。
戦時中、たった一日の入院であっけなく夫は盲腸炎で他界、悲しみに沈んでいる暇もなく、幼なかった一人息子と生きていくために、ありとあらゆる仕事に就いたあげくに辿り着いたのが麻雀の仕事だったそうです。

苦しかった生活と辛かった心境を詠んだ短歌とエッセーが、北海道新聞の「いずみ欄」に掲載され、私は深く感銘を受けました。 切り抜きを取ってあったのですが、不注意で失くしてしまいました。

つる子先生は、母と同じ年齢だったので、今年95歳になられるはずです。
一人息子さんの住む青森で一緒に暮らすことになった、と書かれた年賀状を最後に音信が途絶えてしまいました。
お元気で暮らしているのだろうかと、ふと思い出すこの頃です。
[PR]
# by tazu0617 | 2010-02-26 23:38 | ねぇねぇ、聞いて!

探してください        2月17日

週刊誌などによく「〇つの間違い探し」というコーナーがありますが、つい探してしまうタイプです。 まぁ暇人と言われればそうかもしれないのですが、探し始めるとやめられなくなるのです。

数日前の朝日新聞に載っていたその種のクイズに挑戦してみましたが、どうしても解けません。
同じように見える絵が14枚あるのですが、その中の2枚はまったく同じで、あとはほんの少しづつ違った部分があるのです。
違っている絵を11枚探し出しました。
ところが、残った3枚がどれも同じに見えて仕方がないのです。
この中の1枚には、どこか違う箇所があるはずなのですが、目を凝らしても見つけられません。
悔しいけれど、ギブアップです。

そこで、お時間がありすぎるという方、挑戦してみませんか。
残った3枚を少し拡大して探しやすくしてみました。
分かりましたら、私にそっと教えてください。
まぁ、多分今週末には答えが載るのでしょうけれど・・・。
d0067794_415432.jpg
        ※№6の斜め上と、下にあるボールペンの線は関係ありません。

陰の声・・・「こんなことをしているから寝不足になるのですよ、鶴子さん」
[PR]
# by tazu0617 | 2010-02-17 03:46 | クイズに挑戦しよう!

オリンピックがやってきた!   2月15日

オリンピックが始まりました。
日本時間の深夜に開催される競技をライブでみたくて、早めに就寝しようとしました。
パソコンをやっている途中で眠くなり、キーボードを枕代わりにうたた寝をしてしまうことはあっても、ベッドに入って寝るのはいつも真夜中の1~2時ころ(いや、3時?)です。
さぁ、早めに寝ましょ!とベッドに入ったものの、なかなか寝付けません。
あらぬことを想像したり、寝返りを打ったり・・・イライラしながら時間は経っていきます。

いつものことながら、今回も感動的なドラマがありましたね。
でも、一番賑わしているのは、スノーボードの某選手の服装と記者会見での態度、ではないでしょうか。d0067794_23584068.jpg
日本の代表としての自覚がない!、そんなに目くじら立てることはないと、賛否両論のようですね。

でも、まだ学生といっても結婚をしている成人男性が、記者会見の席でまともな話すらできないことに対しては、今は亡き某元大臣が酩酊状態で記者会見をしてしまった時と同じように恥ずかしさを覚えます。

それとも、18歳の石川遼の好感度抜群のインタビューを見慣れたせいだからでしょうか。
遼君のような優等生的な答えを求めているわけではなく、彼らしい言葉で、メッセージを伝えてほしかったですね。

さぁ、そんなことにばかり関わっていられません。
まだまだドラマは続いています。 誰も想像できないようなエンディングが待っているかもしれません。
[PR]
# by tazu0617 | 2010-02-15 23:22 | 現在---今日の出来事

母は可愛いものが好き         2月10日

母は、繊細・情緒豊か・多感・ネガティブで心配性・・・つまり私とは真逆。
そして、小さくて可愛いものが大好きなのです。

写真の左側は、スーパーにあるカートのミニチュア版で、高さが30センチくらいです。
数年前に知人からいただいたものですが、母が喜びそうだったので施設に持って行き、
人形やちょっとした道具を入れたりして使っています。
d0067794_149382.jpg
そして先日、さらにその超ミニチュア版を
見つけたので、母にプレゼントしました。
案の定、「あら、可愛い~」と言って撫で
まわしていました。 → d0067794_1521258.jpg
母は昨日95歳の誕生日を迎えました。
要介護5で、施設の方のお世話になっています。

「何歳になったか分かる?」と聞くと、「何歳でもいいの」と答えます。
そう、もう年齢など数えなくてもいいのですよね。
もしかして、母はまだ60歳くらいと思っているのかもしれません。
そういうことにしておきましょ。 (それなら、私の姉になってしまいますが・・・)
[PR]
# by tazu0617 | 2010-02-10 01:49 | 現在---今日の出来事

食べてはいけません。          2月5日

今日から、札幌では雪祭り、小樽では雪あかりの道が開催されています。
寒さが苦手の私は、北国ならではのせっかくのイベントにも足が向かず、元気な観光客をTVでただただ眺めているだけです。

同じ歩くにしても、暖かい店内ならOKです。
複合商業施設ウイングベイの中をブラブラしていたところ、美味しそうな果物を見つけ、買って帰って来ました。 さっそく篭に入れて写したのが下の写真です。
d0067794_21501965.jpg

      けれど、この中で食べられるものは、たった2つしかなく、あとは
      造形物です。
      さぁ、本物はどれとどれでしょう。
d0067794_21532464.jpg


More 答えは、ここをクリック!
[PR]
# by tazu0617 | 2010-02-05 21:50 | ねぇねぇ、聞いて!

宝くじ             1月30日

札幌に住む娘と息子が珍しく一緒に帰ってくるというメールがあり、途中の小樽で待ち合わせをして3人で「回る高級寿司」を食べました。

食べながらの話の一部です。d0067794_20565519.gif
     息子 「宝くじが当たったよ」
     私  「あら、3000円?」
     息子 「いや、もうちょっと」
     娘  「100万円?」
     息子 「まさか・・・10,000円だよ」
私 「わぁ~凄い! じゃぁ今日の食事代はおごりだね」
息子「正月に風邪ひいて、2回救急病院に行ったら、ちょ
   うど10,000円かかってしまったし、もうないよ」
私 「それじゃ今日は、母のおごりにするよ。さ、食べて
   食べて!」
d0067794_2132744.gif

家に帰ってパソコンを開きました。
まず今日のニュースからです。
「アメリカで28億円の宝くじが当たった男性、賞金をめぐる争いに巻き込まれ、殺される」
幸運を引き当てたばかりに、命を落とすことになったなんて、お気の毒な話です。

息子よ、10,000円くらいがいいのです。
でも、今度はご馳走してね!
[PR]
# by tazu0617 | 2010-01-30 20:38 | 現在---今日の出来事

カレンダーと手帳の話          1月20日

早いもので、新しいカレンダーになって20日が過ぎました。
私の近くの生協では、不要のカレンダーを寄贈する箱があって、それを必要とする人は
100円以上の寄付で好みのものを選んで持ち帰ることができます。
集まったお金はユニセフに寄付すると箱に書かれてあります。
私は、いつもその中からメモができるタイプのものを選んでいます。

その予定表代わりのカレンダーから、必要なものはさらに自分専用の手帳にうつし替えます。
ところが最近の手帳は、ほとんどが日曜日の欄が左側ではなく、土曜日につなげて右側になっているのです。
土・日の連休が一般的になっているので、予定を書き込みやすいという理由からなのでしょうが、カレンダーと手帳の曜日の並びが違っていては、とても紛らわしくて不便ですね。
(私は、左側が日曜日になっている手帳を、やっとの思いで見つけて使っていますが・・・)

これは、昨年の卓上カレンダーの11月なのですが、よ~くご覧ください、どこか変だと思いませんか。

d0067794_3294837.jpg

そうです。 29日が消えていて、11月だというのに31日まであるのです。
それに気が付かなかった夫は、客に間違った日を指定してしまったとか・・・。
カレンダーも夫も、ボケていますね。 (人のことは言えませんが)
[PR]
# by tazu0617 | 2010-01-20 03:23 | ねぇねぇ、聞いて!

般若心経         1月15日

2年前の1月14日に、父が亡くなりましたので、今年は3回忌ということになります。
私の兄たちは、遠方に住んでいるので、実家にあった古い仏壇は私が引き取って処分し、代わりに小さなものを買いました。
信仰心の薄かった親は、私に供養を強いるようなことを一切言い残しませんでしたが、それでもはやり気持ちの問題として、手を合わせることは欠かせたくありません。

1年前、家族だけで行った一周忌に、 兄たちは大雪の中やって来ました。
そして、今度法事をするときは、冬ではなく夏か秋にしようよ!と、言うのです。
えっ~、冬に亡くなったのに・・・と思いましたが、まぁ、いつ飛行機が欠航するか分からない時期では不安なのでしょう。

そんな訳で、一周忌からわずか8カ月後の昨年9月の連休に、3回忌を済ませたので、本当の3回忌である昨日は、訪れる人もなくひっそりでした。
それでも私は、いつもより少し豪華な花をアレンジして飾り、それらしき物を供え、お経も、と思いましたが・・・・。

仏壇は、マイルームの書棚の中に入れてあります。
そして、その書棚のすぐ横にパソコンのデスクがあります。
どなたかのブログでお経のサイトがあることを知り、お気に入りに入れてあったので、試してみました。
「般若心経」の経典が画面に現れ、読経が始まります。
(↑ 関心のある方はクリック)
d0067794_381589.jpg
そういうサイトの是非は別として、便利になったなぁと感心してしまいました。
[PR]
# by tazu0617 | 2010-01-16 02:06

シニアネットは触れ合いの場      1月13日

シニアネットに入って人生が変わった、と言っても過言でないくらい、私の中にシニアネットは深く入り込んでいます。
行きずりの人であったはずが、仲間と呼べるようになり、触れ合うことでどれほど私の心が癒されているのか。
写真は、昨日行われた「新春恒例かるた会」の一コマです。

d0067794_2317635.jpgいつもの「小倉百人一首」のほかに、今回は「石川啄木一人百首」という特別なかるたがあって、いっそう盛り上がりました。
10人程が車座になり、啄木の詠んだ短歌の下の句にあたる部分が書かれた木札を取り合います。
聞き洩らさないように真剣に耳を傾け、食い入るように眼を見開き、いち早く札を奪おうと右手は出撃態勢です。
あった!!! oss102さん素早くゲットです。(↑)

下の写真も、競技(お遊び)をしているところなのですが、倍の人数のギャラリーがいて、応援をする人、カメラで写す人、ただ見ているだけの人、さまざまなのが面白いですね。

d0067794_2318647.jpg


web新聞小樽ジャーナル・ブログいとしの花と2匹の猫ブログマイワールド
でも様子をご覧いただけます。
[PR]
# by tazu0617 | 2010-01-13 23:17 | 現在---今日の出来事

ネットオークション       1月5日

ハンドバックは、使い込むほどに味が出るものがあり、一つのものを長い間愛用しているという方も多いと思いますが、飽きっぽく浮気症の私は安物を数か月毎に、取っかえ、
引っかえして使っています。
2~3年前に使っていたバックをまた持って歩くことにし、中を点検していたら、ポケットから思いがけず1万円札が出てきました。
元々自分のお金なのですから、儲かったわけではありませんが、なんだか得をした気分になりました。

これを財布に入れて普段の生活費としていつの間にか使ってしまうのは、惜しい気がしました。
そこで私は、この1万円で以前からやってみたかった「ネットオークション」に挑戦してみることにしました。
入札のタイミングも覚え、楽しみながら、いろんなものを落札することができました。

d0067794_21592382.jpgこのキャメルのロングコートは数回使用のものですが、新品としか思えないような商品でした。 
アンゴラ70%・ウール30%で肌触りもよく、お誂えのようなピッタリサイズで、超お買い得品でした。
で、いくらで落札したかというと・・・120円でした。                                            
(送料等を含めても800円台)

失敗したものもあります。


d0067794_22165017.jpgこの茶色のブーツを520円で落札したのですが、ファースナーのないタイプだったため、なかなか足が入りません。
それに若向きです。 
私たちの年齢では、ブーツイコール冬靴なのですが、今の若い人は季節に関係なくブーツを履きます。
この靴底は冬用にはなっていないようで、雪の北海道でこれを履くと、すってん転びをしそうです。 
娘に譲ろうにも、24センチの靴が26センチの娘に入る訳がありません。

まだ総額で7~8000円を使用しただけです。
えっ、そんなことしていないで、交通反則金の足しにしなさいって? ごもっともです。

More 『アクセサリーもゲットしました。』
[PR]
# by tazu0617 | 2010-01-05 06:53 | ねぇねぇ、聞いて!