我が家のお正月           1月2日

d0067794_5112677.jpg吹雪とまではいかなくても、今年は荒れ模様の天気での幕明けとなりました。
特別なことをしない我が家のお正月。 
某ホテルから毎年オードブルと鮎ずしが届きます。
あとは年越しそば、年が明ければお雑煮。

大晦日のスーパーは、カートに盛り上がるほどの食材を乗せた買い物客で賑わっていて、買わなくちゃという強迫観念が生まれてくるようです。
今は元旦から開いている店もあるのに、カレー鍋・石狩鍋などの材料も買い込んでしまい、ついつい食べ過ぎに。

息子は風邪を持って、娘は犬一匹を連れて帰ってきました。
静かなお正月も、この犬のおかげ?いや犬のせいで、まぁ騒々しいこと。
娘は、近所の同級生宅に行ってくると言い、私は犬の相手を頼まれました。
部屋中を歩き回って疲れたのか、眠くなったようです。

d0067794_455290.jpgd0067794_4562437.jpgまた、赤ちゃんを抱っこするときに使う袋(?)の、犬用のがあるそうで、娘が買ってきました。
そこに入れられご満悦のまろです。

二人とも2泊して帰っていきました。
遠くに住んでいるわけじゃないのに、見送る時はちょっと寂しい感じがするものですね。
[PR]
# by tazu0617 | 2010-01-03 00:05 | 現在---今日の出来事

OSS会員用特別編 「石川啄木一人百首」

本日、MLでご案内をした表題のかるたは、啄木の2000首以上もある短歌の中から、
一般的に知られている100首を選び、北海道独特の木札に下の句を記したものです。

例えば、かなしきは小樽の町よ [ 歌ふことなき人人の声の荒さよ ]であれば、[  ]の中が書かれた木札を取ります。
上の句が分かっていれば、下の句を読み上げる前に、いち早く取ることも可能です。
ただ、百人一首のように3人1組になって取るのではなく、いろはがるた式にバラバラに並べ、賑やかに多人数で楽しみながら取るという文学的なお遊びです。

読み手は、このかるたの文学館への寄贈者でもある水口忠さんにお願いしてあります。
大変貴重なかるたと伺っており、当日は北海道新聞の記者が取材にくるかもしれません。

下記は、100首のうちの50首です。
d0067794_2258840.jpg

[PR]
# by tazu0617 | 2009-12-27 22:58

年末交流会終わる    12月25日

天皇誕生日の23日、小樽しりべしシニアネット(OSS)の今年最後の行事である年末交流会が開かれました。
回数を重ねると、どうしてもマンネリ化は避けられないものですが、実行委員の皆さんの創意工夫が功を奏し、かつてないほどの盛り上がりをみせました。
用意されていたサプライズは、何といってもこれ! (両端の写真は、川内恒子さん撮影)

d0067794_2140960.jpgd0067794_21403186.jpg
d0067794_21451240.jpg







同級生という間柄の二人(左)がコンビを組んで、以前に漫才を披露したことがあり、そのときも息がピッタリで驚いたのですが、まさか今回は女装で「今夜は離さない」を歌うとは・・・司会初挑戦のSさん(中)も汗びっしょりです。
会場の70名近い観客は全員(右)が笑い転げていたと思います。
OSSのブログ仲間は、みなこの話題を記事にしていますので、重複していますが、どうぞ何度もお笑いください。

全員が一堂に会することが難しい中、この日出席の仲間の皆さんとは、少し距離が近づいた感じがしました。
さらに、2次会のカラ・ダン、3次会の喫茶店、4次会のスナック・・・最後まで付き合った仲間は14人?
終列車に間に合わなかった方は、ホテルにお泊りしたそうで、とにかくタフで元気な仲間に感服です。 (私はちゃんと帰りましたよ、念のため・・・)

More 『とっておきの写真』
[PR]
# by tazu0617 | 2009-12-25 21:15 | 現在---今日の出来事

メリークリスマス!!       12月16日

昨日は休日だったので、夜は札幌の娘宅に(↓のため)行く予定になっていました。
料理の不得手な私が、さらに不得手の娘に講習をするというのですから、笑っちゃいますけれど、年頃の娘を持つ母親としては、笑い話ではすまされませんよねぇ。

d0067794_22215021.gif札幌シニアネットの、クリスマス会を兼ねたカラオケ例会が、ちょうどこの日に開催されたので、25歳さんと一緒に参加しました。
いつもながらに思うことは、参加するのは容易くても、皆さんに楽しんでもらおうと準備する幹事の大変さです。
上手すぎる皆さんの歌に、そして適量を超えたビールにすっかり酔いしれました。

仕事を終えた娘が迎えに来てくれたので、スーパーに寄って食材を買って帰りました。
献立は、鮭のチャンチャン焼き・子和え・肉じゃが・帆立の照り焼きです。
あ~、かなりのカロリーオーバーですね、娘がダイエット中なのを忘れていました。

翌朝、私は娘宅から地下鉄とJRを乗り継いで、帰って来ました。
滅多に利用しない地下鉄ですが、「女性と子どもの安心車両乗車口」というのがあったので、そこに並ぼうとしました。
おばさんの私ですが、資格はあるはずです。
でも、何で無資格者の男性が並んでいるのでしょうか。

d0067794_2192736.jpgd0067794_2194383.jpg









満員に近い車内でしたが、、乗客の男女の比率はほぼ同じでした。
何だか腑に落ちない気持ちです、どこもこんなものなのでしょうか。

    『追記』 よく見ると、安心車両となる時間帯が書かれてありました。
     始発から午前9時までということのようです。 一つ覚えました。

[PR]
# by tazu0617 | 2009-12-16 21:40 | 現在---今日の出来事

4がいっぱい。        12月11日

北海道に住みながら、oss102さんのようにスキーも上手く滑れず、冬は苦手です。
寒がり屋の私は、部屋の中でも「寒い、寒い」と言うのが口癖です。 
さらに一番憂鬱なのが雪道の運転です。

今から10年ほど前の真冬のことですが、仕事で他町村を訪れていました。
私はゼンリンの地図を手に、顧客の家を探し回っていましたが、初めての地区、しかも
夕方とはいえ真っ暗だったので、なかなか目的の家に辿り着くことができませんでした。
奥へと奥へとゆっくり車で進みましたが、もう人家らしい建物もないようなので、狭い空き地を見つけ、Uターンをしようとしました。

ところが、ズボズボッと車が雪に埋まってしまい、脱出できなくなってしまったのです。
私は、状況を確認しようと車から下りてみて、顔が真っ青(多分)になりました。
何と、車の30センチ横が小川だったです。
その上に雪がこんもりと覆いかぶさっていたので、川が流れていようとは、まったく気が付きませんでした。

一番近い家に助けを求めました。
幸い、4輪駆動のガッチリした車があるお宅だったので、ロープで引っ張り上げてくれました。
神様にも思えるようなお宅で、後日あらためてお礼に伺いました。
もし、川に転落してしまったのなら、どうしたのだろう・・・思い出すとゾッとすることが、冬の運転では何度かあります。

話は変わりますが、昨日の夜、車のエンジンをかけながら何気なく走行距離メーターを見て、あらら・・・でした。
d0067794_481787.jpg4がたくさん並んでお見事です。 
記念に携帯カメラでパリャリ・・・。
で、今年の冬道の運転もこれで乗り切ろうと、こじつけてみました。
    4  しっかりせよ
    4  神経使え
    4  慎重にね
    4  心配かけるな
    4 (最後に)しあわせだよねぇ             以上でした。
[PR]
# by tazu0617 | 2009-12-11 04:01 | 過去---想い出の頁

20歳の私              12月7日

親友のMさんと最初に出会ったのは、小学校6年生の秋でした。
転校生だった私が、先生に連れられて隣の教室に入っていくところを、覗いて見ていたと、あとで教えてくれました。
中学に進んでも同じクラスにはならなかったので交流はなく、お互い顔と名前を知っている程度でした。

d0067794_212387.jpgそれから数年後、私たちは偶然にも同じ会社に就職し、机を並べて仕事をすることになりました。
帰り道が同じ方向ということもあって一気に親しくなり、楽しくもほろ苦い青春時代をともに過ごしました。

ある日、高校では美術クラブに入っていたというMさんから、私の写真を元にして描いた額入りの油絵をプレゼントされました。
寒い冬に駅舎をバックに写した写真の、背景を港に変えて描いたもので、そこに20歳の頃の私が立っています。

私は、この絵を実家に残して結婚をしたのですが、昨年実家を整理した際に、家に持ち帰ってきました。
Mさんは描いたことを覚えているのだろうか・・・私たちは、現在もずっと交流が続いているのですが、この絵のことに触れたことはありませんでした。

先日、私はデジカメで絵を撮影してプリントし、それをMさんに見せたところ、描いた記憶がまったくないと言うのです。 あれからもう30数年(40年に近い)経っていますから、それも仕方がありません。
ただ、思いがけない絵が存在したことにとても感激した様子で、この写真を欲しいと言われました。
そして、絵の中の私は、今の私そのままだと言うのです。 (そんなわけ、ないっしょ!)

時を経て、いろいろな人生経験を積んだ証であるかのようなシミやシワがあっても、それはまぎれもなく今の私なのです。
とはいえ・・・やっぱり気になる女心かな。
[PR]
# by tazu0617 | 2009-12-07 22:02 | ねぇねぇ、聞いて!

高い買い物            12月3日

2時間ほど時間潰しをしなければならず、ウィンドウショッピングをしようかと思いましたが、それほど必要としない物まで買ってしまうので、それよりスーパー温泉にゆったりと浸かることにしました。

でも、入浴の用意はしてきていませんでした。
そうそう、100円ショップに行けば、タオルもリンス(備え付けのリンス・イン・シャンプーは嫌い)も下着もあるので、そこで買おうと思ったのが、大きな間違いになりました。

足早に買い物を済ませた私は、通路に並べられていたゴム靴に目が行きました。
d0067794_0144977.gifかつてはゴム長靴といえば「ミツウマ」というほどブランド力があったのですが、時代に勝てずに売上は低迷し生き残りをかけて新たな販路を模索しているようです。

私は、ゴム長靴が好きなのです。d0067794_23252540.jpg
ブーツと違って、ファースナーがなくても、すっと足が入るのが魅力ですし、雨や雪には威力を発揮します。
でも、どうしても雪投げや庭仕事などの作業用になり、長靴でレストランに入るにはちょっと抵抗があります。
私が目を留めたのは、右記の丈が短いゴム靴で、見た目も悪くなく履き心地満点です。 ベージュをお買い上げ~!!

急いで車を停めてあるところに戻りました。
ガ~~ン! えっ~何よ、 駐車違反のレッテルが張られていました。
安い100円の品物を買いに行き、15,000円の反則金です。
駐車場はあるのですが、無料になるほどの金額の買い物でもなく、すぐに戻るから・・・という甘さがあったのです。 
あぁ、予定外の靴など買わなきゃよかった・・・。

昨年も駐車違反で捕まっているので、言い訳が通用しないのは知っています。
それならば、潔く支払いましょう。 駐車違反金は各都道府県の一般財源として使用されるそうです。 

細かいところをケチって、どんと損をしてしまう鶴子なのでした。
前回の記事同様、鶴子しっかりせ~!!
[PR]
# by tazu0617 | 2009-12-03 23:53 | 現在---今日の出来事

あんなこんな・・・。         11月28日

忘年会の季節がやってきました。
札幌駅近くのホテルで、20人の仲間との、今年の忘年会第1号がありました。
待ち合わせをした友人が、なかなか到着しません。
携帯電話で連絡を取り合って「2階でエレベータを下りて・・・」「下りたら右に進んで・・・」というように具体的に指示をしましたが、それでも現れません。
それも、そのはずです。 彼女はホテルではなくホテルにいたのですから。
まっ、私の友人ですから、こんなもんでしょう。

帰りは、札幌駅周辺をブラブラしました。
新聞広告にあった「フォン…・ヌ」のウイッグセールをやっている店に、数人で入ってみました。
最近、頭頂部が薄くなってきているので、TVコマーシャルであっと言う間にボリュームアップするトップピースd0067794_20293572.jpgを試してみようと思ったのです。
そのほか、いろいろなウイッグを皆でお試しすること、すること。 
で・・・「また今度にしま~す」と言って、試着だけで出てきました。

次は、ブティックです。
ここでは、インナーとベストとスカートの3点セットをお買い上げ~です。
あっ!今、この記事を書きながら気が付いたのですが、試着のときに外した大きめのペンダントを、試着室の小棚の上に置き忘れてきました。 あ~、どうしよう!!
今、電話で問い合わせをしてみました。 ありましたぁ。  
我が家からは往復100㌔もありますから、市内の友人に頼んで受取りに行ってもらいます。 
「またなの?」と言って、呆れられることでしょうね。

3日後にまた忘年会。
広辞苑によると「その年の苦労を忘れるために催す宴会」だそうで、忘れ物をする日ではないのです。
鶴子、しっかりせ~。
d0067794_2213540.gif

[PR]
# by tazu0617 | 2009-11-28 21:33 | 現在---今日の出来事

ただいま~!              11月22日

映画「フラガール」をご覧になった方も多いと思いますが、舞台となったのが、いわき市の「常磐ハワイアンセンター」で、今回の旅行の目的は、この施設で本場さながらのフラのショーを観ることでした。
d0067794_17262551.jpg

d0067794_17243118.jpgd0067794_17353484.jpg









ショーは昼夜で合計3回、観たのですが、フラをやっている私にとっては、じつに見応えのあるもので、目が離せませんでした。
聞くところによると、ダンサーになるには難しいオーディションに合格しなければならず、たとえ合格しても特訓特訓で落ちこぼれになることもあり、ショーの中での笑顔とは裏腹に、かなり厳しい世界のようです。
センターと少し離れた場所に練習場を備えた寮があり、そこで生活をしているそうです。
ダンサーの皆さんは、踊りが素晴らしいということのほかに、若くてスタイルがいいですね。

2日目の夜の大広間での食事のときでした。
とても大きな和室を、数室に仕切って使っていたので、隣の部屋の賑やかな様子が伝わってきました。
気になって覗きに行くと、「よさこいそーらん」がかかり、法被を付けた7~8人が余興で踊りを披露するところでした。
そこに、数人のおばさまがなだれ込み、勝手に踊りに加わったのですよ。
♪それそれそれそれ~ ♪ あ~どっこいしょ、どっこいしょ! 掛け声も負けていません。

さらに、アンコールがかかり、アルコールが入ってすっかり調子に乗っていた仲間は、先ほどよりももっと堂々と、♪ ヤ~レン、そ~らん、そ~らんと踊っていました。

部屋に戻ってからも、前代未聞の出来事に、抱腹絶倒!!
リンクしている「マイワールド」・「こまどり日記」・「コマクサ」もご覧ください。
さて、繰り出した数人の中に、鶴子は入っていなかったのでしょうか。

More 【帰り道での話】
[PR]
# by tazu0617 | 2009-11-21 17:01 | 現在---今日の出来事

行ってきま~す。             11月20日

17日朝の4時30分、私はスーツケースを手にし、気付かれないように、そぉ~っと家を出ました。
車はエンジンをかけておいたのに、窓ガラスが凍っています。 相当冷え込んでいて、 道路はテカテカ・ツルツルのアイスバーンです。
いつものようなスピードは出せず、さりとて集合時間には絶対に遅れることもできず・・・私は一人取り残されることを想像して焦りを感じましたが、札幌に近づくにしたがい路面状況もよくなり、ホッとしました。

フラダンさんと、その仲間24名で、2泊3日のハワイ旅行へ出発です。
友情参加の25歳さんも一緒です。
千歳を飛び立った飛行機は、1時間ちょっとでホノルルいや福島空港に到着しました。
そうです、私たちは映画「フラガール」の舞台となった、いわき市のスパリゾート・ハワイアンズ(旧・常磐ハワイアンセンター)に出かけたのです。

あいにくの雨で、バスの中から眺める磐梯山や猪苗代湖も霞んで見えます。
途中立ち寄った野口英世記念館では、少年時代まで過ごした生家もそのまま保存されていて、1歳のときに大火傷をしたという囲炉裏(写真・左)を感慨深く眺めました。

d0067794_2025231.jpgd0067794_20252428.jpg









偉大な野口英世も、身長は153センチと大変小柄だったようです。
研究室の再現コーナーで、思いがけず博士(写真・右)にお目にかかり、私は釘付けになりました。
用意されている何問かの質問に答えてくれるのですが、まばたきをするタイミングや、首の曲げ方、手の動かし方が、じつにリアルで、まるで生きている博士と話をしているような錯覚に陥ります。

会津若松市では、明後日最終回を迎える大河ドラマ「天地人」の上杉景勝ら多くの大名が治めた「鶴ヶ城」を見学、 数百年前の息吹を感じました。

ここで昼食を済ませ、満腹になったところで、目的地のスパリゾートに向いました。
バスの中で「あっ、会計をするのを忘れてしまった!」と、一番しっかりもののMさん。
全員の分を集め、まとめて支払うことになっていたのです。
よかった!! 途中で気が付いて・・・詐欺で指名手配をされるところでした。

あぁ、50代~80代の珍道中です。
いったいこのあと、どんなことが待ち構えているのでしょうか。

More 【福島空港で思いがけない人と・・・】
[PR]
# by tazu0617 | 2009-11-20 01:12 | 現在---今日の出来事